風俗求人内容をよく見て!

>

風俗店は良くない店なのか?

風俗店における法律

現在風俗店を取り締まる法律は、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律であり、風営法や風適法、風俗営業法などと呼ばれる法律です。
この法律の前身は1948年に制定された風俗営業取締法であり、1984年に現在の法律へとなりました。

この法律では風俗店を営業する際に守るべき法律が記されており、風俗店を営業しても良い時間を午前0時か1時まで(例外もあり)に制限したり、住宅地や学校、図書館などの公共施設の半径200m圏内での営業を禁止したりしています。
この法律は大本は決められているものの、各都道府県において少しずつ異なる点もあり、地方自治体によっては限定的な期間のみ営業時間の規制をなくしたりしている都道府県もあります。

法律の対象となる施設

この法律の対象となる施設は複数種類存在します。
まず風俗店と言っても何種類か存在し、風俗営業や性風俗関連特殊営業、特定遊興飲食店営業、深夜における酒類提供飲食営業などがあります。
この中でもよく風俗店と言うのは風俗営業や性風俗関連特集営業であると思います。

風俗営業内にも幾つか種類がるのですが、接待飲食等営業として、キャバクラやホストクラブ、キャバレーや区画席飲食店(カップル喫茶)などが当てはまり、遊技場営業としてマージャン店やパチンコ店が当てはまります。

性風俗関連特集営業には、ソープランドや店舗型ファッションヘルス、ラブホテルなどが当てはまります。
このように、私達にとって身近なものから身近ではないものまで、多くの店舗がこの法律の下で営業しています。