風俗求人内容をよく見て!

>

風俗店ってどんな種類があるのか

風俗営業について

風俗営業に関しては、風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律においては、第2条第1項に記載されています。

1号営業としては客を接待して飲食させる営業としてキャバクラやキャバレー、ホストクラブなどが該当する。
2号営業としては、店員による接待は無いが、低照度(10ルクス以下)の暗い喫茶店や、バーが該当する。
3号営業としては区画席飲食店(カップル喫茶)などが当てはまる。
また遊技場営業として4号と5号が存在し、4号には雀荘やパチンコ店など、5号にはゲームセンターなどが含まれる。

この4号と5号の区別の基準としては、雀荘で麻雀をやるように遊技の方法自体が射幸心をそそるようなものである場合は4号に、ゲームセンターのように遊技設備が別の射幸心をそそる可能性がある場合は5号に分類されている。

性風俗関連特殊営業について

性風俗関連特殊営業については、風俗営業等の規制及び業務の適正化に関する法律において第2条第5項に該当するものであり、どちらかというと一般に風俗店というとこちらのほうがイメージされるのではないかと思います。

まず店舗型性風俗特殊営業としては、1号から6号まで存在し、1号営業はソープランドなどが該当し、2号営業には店舗型のファッションヘルスなどが該当します。
3号営業にはポルノ映画館など、4号営業にはラブホテル、5号営業にはアダルトショップなど、6号営業には出会い系喫茶などが該当します。

また無店舗型性風俗特殊営業としては1号として派遣型ファッションヘルス、2号としてアダルトビデオなどの通信販売営業が該当します。
上述のように、この性風俗関連特集営業は主に男性が利用するような施設が多く、性欲を満たすような施設が多く含まれています。