風俗求人内容をよく見て!

>

風俗店の求人システム

風俗営業店(キャバクラなど)の求人

サービスを受ける人がいるということは、サービスを提供してくれる人がいるということです。
もちろんキャバクラでは求人が行われています。
ここではキャバクラの例を挙げてお話しします。

キャバクラなので基本的に求人は女性に対してです。
キャバクラは夜の仕事ということもあってか、他の仕事と比較して非常に高時給・高待遇な場合が多い様に思います。

ネットに情報が掲載してあり、メールやラインで応募するという形式が多く、通常の仕事では有り得ない3,000円以上の時給の店や、出勤の送り迎えをしてくれたり、衣装を貸してくれたり、メイクをしてくれる店も存在します。
もちろんこれだけに飛びついてはいけません。

中には法律で禁止されているような行為を許容している店があったり、勤務する未成年者にお酒を飲ませるなどの未成年飲酒を行わせるお店もあります。
働く前に、働こうと思う店の評価や雰囲気を調べておくのを忘れないようにしましょう。

性風俗店(ソープランドなど)の求人

通常の風俗店と比較して、性風俗店には違法に営業している店が多いので、求人情報に応募する際にはより注意が必要です。

お客と性行為を行う店も多いためか、風俗営業店よりも遥かに高い給料で働くことができ、学生のバイトでさえ月多い人では100万円近く稼ぐ人もいるほどです。
しかし上述のように性行為を行う店も存在するため、求人の概要について詳しく調べることは必須です。

基本的に概要欄に詳しく記載されている場合は、優良店である場合が多いと思います。
自分の思っていた仕事内容と違い、嫌な思いをすることがないようにしっかりと前調査を行い、採用者とのメールやラインでのやり取りの中で、しっかりと勤務環境について確認することが大切なのではないかと思います。